忍者ブログ
(有)松山農産オフィシャルブログ
[192] [191] [190] [189] [188] [187] [186] [185] [184] [183] [182]
フリーエリア
(有)松山農産

 住所 :〒895-0072
     鹿児島県薩摩川内市中郷町
     6990-1-2
 電話 :0996-21-9797
 FAX :0996-21-9798

 農家の強い味方、高品質完熟堆肥
 『夢ゆうき21』を生産・販売してい
 ます。
 土づくりを真剣にお考えの皆様に!!

 商品・価格などについては、お気軽に
 お問い合わせ下さい。

夢ゆうき21のご紹介】
商標登録第45433905号
◆根焼け、生育障害のない安全な堆肥
◆こだわりの品質
◆異物・塊選別済み
◆サラサラふんわり、機械散布も楽々
◆無臭、ご近所にも気遣い無用
<成分表>鹿児島県環境技術協会
  窒素=1.88%
  りん酸=3.05%
  カリウム=3.45%
  炭素窒素比=10
  有機炭素=18.8%
  銅=34mg/kg
  亜鉛=250mg/kg
  水分=34.0%
  ひ素=0.00020%
  カドミウム=0.000039%
  水銀=0.000003%
  ニッケル=0.00088%
  クロム=0.0011%
  鉛=0.00031%

Powered by SHINOBI.JP
プロフィール
HN:
マツケン
性別:
男性
職業:
会社経営
趣味:
ドライブ・プロレス・梯子酒
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
[12/11 佐藤孝行]
[02/10 マツケン]
[02/10 王鶴凌]
[02/10 バクタモン本舗☆店長]
[02/09 マツケン]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
最古記事
過酷人生ゲーム
NEXT CARD
フリーエリア
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

雨~曇りのすっきりしない鹿児島。

ま、少し暖かい(20度)のが救いです。

少し遡る、今月19日の日本農業新聞に掲載された「コンパス」欄にいたく同感し、

わが意を得たりって叫びたいコラムが有ったので、ここに紹介します。長いけど是非読んでね。

アレフ=びっくりドンキー社長・庄司昭夫氏寄稿

 

 



「米国発の世界金融危機の報道に触れない日はない昨今だが、危機対応に違和感を覚える。大量消費をあらゆる手段で支えた米国のやり方が否定された結果なのに、それが神通力のように効いていた元の状態に戻す策を探している。またか、と思う。

新しいものが生まれようとする時は、いつもそれまで幅を利かせていたものが足を引っ張る。著作家の天外伺朗(てんげ・しろう)氏は言う。「病気になれば誰しも早く元の生活に戻りたいと願うが、病気の原因になった元の生活に戻ってはいけないのだ」。得た反省を生かさなければ、再び患うだけだ。

「明治から第2次世界大戦の間、日本は西洋文化を旺盛に受容したが、そこには根本的な東洋精神、日本文化があり、比較する目をもっていた」と知人の哲学者が指摘していた。

しかし、戦後は精神的伝統を捨て、西洋を無批判に受け入れてしまったのだ。その話を聞き、私は極めて対照的な米国のアーミッシュ(ペンシルベニア州に住むドイツ系キリスト教徒)を思い出した。彼らは自動車や電化製品が登場した時代、自らの価値観に照らし合わせ現代技術を拒む道を選んだ。今も自給自足を基本に、馬車を使い、電話も無い生活を守る。古い価値観が全て良いとはいわないが、物質文明にどっぷり浸かる前のわたしたちにも誇れる精神文化があったはずだ。

日本の農業も、20世紀に輸入された価値観と決別するときだろう。失敗に学び、本来の独自の価値観を取り戻し、21世紀が日本の風土、精神性と調和する農業文化をつくる時代となることを切に願う。」

どうよ、どうですかい?拙者が以前に書いた記事(10/24、市場原理主義の破綻)とほぼ同じことでは無いかい?

同じ思い、願いの人が居るのは嬉しいことです。微生物屋の店長さんも含めて。

真の独立とは、武力に拠るものではなく、精神的価値観の独立であると思う。

いかに銃で脅されようと、その根源精神まで変換すまい。

うん、今日はよかこちょかいたね(良いこと書いたね)。自己満足じゃっドンね!!

PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]