忍者ブログ
(有)松山農産オフィシャルブログ
[98] [97] [96] [95] [94] [93] [92] [91] [90] [89] [88]
フリーエリア
(有)松山農産

 住所 :〒895-0072
     鹿児島県薩摩川内市中郷町
     6990-1-2
 電話 :0996-21-9797
 FAX :0996-21-9798

 農家の強い味方、高品質完熟堆肥
 『夢ゆうき21』を生産・販売してい
 ます。
 土づくりを真剣にお考えの皆様に!!

 商品・価格などについては、お気軽に
 お問い合わせ下さい。

夢ゆうき21のご紹介】
商標登録第45433905号
◆根焼け、生育障害のない安全な堆肥
◆こだわりの品質
◆異物・塊選別済み
◆サラサラふんわり、機械散布も楽々
◆無臭、ご近所にも気遣い無用
<成分表>鹿児島県環境技術協会
  窒素=1.88%
  りん酸=3.05%
  カリウム=3.45%
  炭素窒素比=10
  有機炭素=18.8%
  銅=34mg/kg
  亜鉛=250mg/kg
  水分=34.0%
  ひ素=0.00020%
  カドミウム=0.000039%
  水銀=0.000003%
  ニッケル=0.00088%
  クロム=0.0011%
  鉛=0.00031%

Powered by SHINOBI.JP
プロフィール
HN:
マツケン
性別:
男性
職業:
会社経営
趣味:
ドライブ・プロレス・梯子酒
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
[12/11 佐藤孝行]
[02/10 マツケン]
[02/10 王鶴凌]
[02/10 バクタモン本舗☆店長]
[02/09 マツケン]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
最古記事
過酷人生ゲーム
NEXT CARD
フリーエリア
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

風が強い1日でした。

さて、今日はちょっとかた~いお話。

畜産農家が悲鳴を上げている。ほぼ輸入に依存している飼料が急激に価格上昇して、トン当たり4万円台だった物が今年に入り、6万円までになった。和牛肥育牛の場合出荷までに約4500kgの餌が必要。ということは現時点で1頭あたり9万円以上の経費増。年間100頭出荷なら900万円!!どんなに経費削減に努めようと餌だけは与えないといけない。今、全国の畜産農家は日々経営廃止、倒産に向けて進まざるを得ない状況。

某新聞の記事を引用させてもらうと、こうなった要因の1つは、アメリカ、ブッシュ政府のバイオ燃料増産政策がある。バイオエタノールの原料はアメリカではトウモロコシが9割である。それも人間の食料外の使用ということで遺伝子組み換えトウモロコシの増産が行われている。世界で遺伝子組み換え種子を独占しているのは、多国籍バイオ巨大企業であるモンサント社。  当該企業はクリントン政府やブッシュ政府の要人を役員として迎え、政府えの工作を行い、バイオ燃料増産政策を打ち出した。遺伝子組み換えトウモロコシは1代雑種限られ、農家は毎年種子を購入しなければならない。

現在アメリカは全世界のトウモロコシ生産量の3分の1を生産している世界最大のトウモロコシ輸出国であるが、このままバイオ政策を継続するならば数年たたずに輸入国に転ずるという観測もある。

モンサント社やカーギル社など、一握りのアメリカ多国籍巨大アグリビジネス企業が、種子を独占支配し、世界の農業や食料市場を支配下に置いて、私企業の利潤追求の道具にしていることが、日本の酪農、畜産農家の経営を直撃している。

ここまでは畜産関係中心に書いたけど、こっれて日本国民の食料に直結する重大な問題だと思わない?戦後、給食が開始されて、私たちの栄養改善が図られ、当時はアメリカに感謝する風潮があったが、実はあれは余剰小麦粉と豚用の飼料脱脂粉乳を日本に売りつける、また食の習慣をアメリカ風に摩り替える行為であったことは、当時の公文書公開で明らかになっている。

いやはや、アメリカンドリームっていったいなんなのよ。

PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]