忍者ブログ
(有)松山農産オフィシャルブログ
[149] [148] [147] [146] [145] [144] [143] [142] [141] [140] [139]
フリーエリア
(有)松山農産

 住所 :〒895-0072
     鹿児島県薩摩川内市中郷町
     6990-1-2
 電話 :0996-21-9797
 FAX :0996-21-9798

 農家の強い味方、高品質完熟堆肥
 『夢ゆうき21』を生産・販売してい
 ます。
 土づくりを真剣にお考えの皆様に!!

 商品・価格などについては、お気軽に
 お問い合わせ下さい。

夢ゆうき21のご紹介】
商標登録第45433905号
◆根焼け、生育障害のない安全な堆肥
◆こだわりの品質
◆異物・塊選別済み
◆サラサラふんわり、機械散布も楽々
◆無臭、ご近所にも気遣い無用
<成分表>鹿児島県環境技術協会
  窒素=1.88%
  りん酸=3.05%
  カリウム=3.45%
  炭素窒素比=10
  有機炭素=18.8%
  銅=34mg/kg
  亜鉛=250mg/kg
  水分=34.0%
  ひ素=0.00020%
  カドミウム=0.000039%
  水銀=0.000003%
  ニッケル=0.00088%
  クロム=0.0011%
  鉛=0.00031%

Powered by SHINOBI.JP
プロフィール
HN:
マツケン
性別:
男性
職業:
会社経営
趣味:
ドライブ・プロレス・梯子酒
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
最新コメント
[12/11 佐藤孝行]
[02/10 マツケン]
[02/10 王鶴凌]
[02/10 バクタモン本舗☆店長]
[02/09 マツケン]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
最古記事
過酷人生ゲーム
NEXT CARD
フリーエリア
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

朝からちょいと動いただけで、汗びっしょり。

「まこて ぬっか もんじゃ」 「本当に暑いことです。」

 

スイス、ジュネーブで開かれていたWTO(世界貿易機関)農業交渉と非農産品交渉でモダリティー(保護削減の基準)合意を目指す閣僚会議は日本時間30日未明、決裂した。

このニュース、どう見るか。

輸出産業からは当然失望の声が上がり、農業などの第一次産業は危機的合意を回避できて、ひとまず安堵するでしょう。                         

この交渉に当たり全国の農業関係者は「悪い合意ならしないほうがいい」とアピールを繰り返してきた。市場開放を推し進める農産物輸出国に対し、防戦一方の輸入国。自給率を50%まで引き上げるといいながら、また、先般の洞爺湖サミットでも食料の安全保障が話し合われたはずなのに、ここでもし議長案のまま合意がなされていれば、日本の農業はけっしてオーバーでなく産業としては崩壊しただろう。

今回の決裂はインドと中国のお蔭。アメリカの強行な開放圧力に対し、自国の農民を守る為にはこの条件では合意できないと突っぱねた。素晴らしい。これこそ国際交渉のお手本。悲しいかなわが日本代表 若林農水大臣と甘利経産大臣は妥協に妥協を重ね、まさに骨抜きで合意のみを目指そうとした。情けない。実に情けない。

工業製品と違い、農産物は各国特有の気象条件を反映して、何処でも誰でもいつでも同じ作物が出来るわけではない。昨今の異常気象が異常でなくなりつつある地球環境で、安定して農業生産活動が出来る地域はいったいどれほど残っているか。いつ、世界中で食料危機が発生しても何等不思議でない現在、安いというだけで外国に食料を委ねていいのか。それで国民を守れるのか。そんなにアメリカの仰るとおりにしなければならないのか。わが日本は独立国ではなかったのか。

日本農業新聞解説欄で内田氏が書いていることが素晴らしい。

「大事なのは、世界の農業者が再生産可能な価格で販売でき、一方で貧しい人も必要な食料を安定的に入手できるようにする国際的な取り組みだ。貿易ルールはそれを後押しするものでなければならない。」全く同感!!

これで危機が去ったわけではなく、いずれ交渉再開となろう。この内田氏の一文が世界の共通認識となる事を願う。

PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]