忍者ブログ
(有)松山農産オフィシャルブログ
[222] [221] [220] [219] [218] [217] [216] [215] [214] [213] [212]
フリーエリア
(有)松山農産

 住所 :〒895-0072
     鹿児島県薩摩川内市中郷町
     6990-1-2
 電話 :0996-21-9797
 FAX :0996-21-9798

 農家の強い味方、高品質完熟堆肥
 『夢ゆうき21』を生産・販売してい
 ます。
 土づくりを真剣にお考えの皆様に!!

 商品・価格などについては、お気軽に
 お問い合わせ下さい。

夢ゆうき21のご紹介】
商標登録第45433905号
◆根焼け、生育障害のない安全な堆肥
◆こだわりの品質
◆異物・塊選別済み
◆サラサラふんわり、機械散布も楽々
◆無臭、ご近所にも気遣い無用
<成分表>鹿児島県環境技術協会
  窒素=1.88%
  りん酸=3.05%
  カリウム=3.45%
  炭素窒素比=10
  有機炭素=18.8%
  銅=34mg/kg
  亜鉛=250mg/kg
  水分=34.0%
  ひ素=0.00020%
  カドミウム=0.000039%
  水銀=0.000003%
  ニッケル=0.00088%
  クロム=0.0011%
  鉛=0.00031%

Powered by SHINOBI.JP
プロフィール
HN:
マツケン
性別:
男性
職業:
会社経営
趣味:
ドライブ・プロレス・梯子酒
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
最新コメント
[12/11 佐藤孝行]
[02/10 マツケン]
[02/10 王鶴凌]
[02/10 バクタモン本舗☆店長]
[02/09 マツケン]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
最古記事
過酷人生ゲーム
NEXT CARD
フリーエリア
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

久振りに更新できます。

飲み会続きでアップアップの日々。

はよかえればよかっじょ(早く帰れば良いじゃないか)との声が聞こえて来そうです。

ええ、分かっちゃいるんですよ。ところがね、1口飲んじゃうと、忘れてしまうんだな、これが。

そんな中でも、仕事はきっちりやっていまっせ。

先日、鹿児島県立農業大学校(日置市)に弊社製品「夢ゆうき21」を

納品さしていただきました。

この画像は納品後のハウス研修棟。

果樹用に普通の土壌改良用ではなく、もう少し肥料分も有る堆肥が欲しいとのことで、

運よく弊社にお声が掛かった次第。

この農大では拙者の次男が野菜科在学中。現在トマト栽培をハウスで勉強しています。

4622a839.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自家製堆肥区(夢ゆうき21」)と農大堆肥区に分けて、更に慣行栽培と遮根シート区に分けて試験中。

様々なデータを取りつつ、栽培の実習を行う、結構専門的な大学です。

学生1人1人が圃場やハウスを自分で管理し、技術を学ぶ。

近い将来の農業後継者や技術者を育てる為の、ハイレベルな教育がなされている。

その中で、様々な失敗や苦労をしながら、学生たちは成長をしていきます。

拙者の次男も初めてのトマト栽培で、基本的なミスを数々経験。

しかしそれが次の栽培に役立てば良いんです。

そんな中で、弊社の製品と、農大堆肥の決定的違いの一端が判明。

26e8d3e6.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは弊社堆肥区の写真。右端の土に注目。草は生えていないし、1回も抜いていない。

a7414682.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは農大堆肥区。これまでに3回ほど草取りをして、まだ次々と生えてくる。

つまり、除草の手間が段違いに有るということ。

これは農大堆肥は従来の農家が作っていたような切り替えし方式で、

発酵温度が低い為に、雑草種子が死滅していないから。

弊社セールスポイントの1つ。「雑草はうちの堆肥からは生えませんよ」ということを

息子が証明してくれた。うん、感心感心。

後は収量や糖度、果肉の厚さ等、様々なデータが取れる予定。

今後に期待しましょう。きばれ、息子よ。

 

PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]