忍者ブログ
(有)松山農産オフィシャルブログ
[1] [2] [3] [4]
フリーエリア
(有)松山農産

 住所 :〒895-0072
     鹿児島県薩摩川内市中郷町
     6990-1-2
 電話 :0996-21-9797
 FAX :0996-21-9798

 農家の強い味方、高品質完熟堆肥
 『夢ゆうき21』を生産・販売してい
 ます。
 土づくりを真剣にお考えの皆様に!!

 商品・価格などについては、お気軽に
 お問い合わせ下さい。

夢ゆうき21のご紹介】
商標登録第45433905号
◆根焼け、生育障害のない安全な堆肥
◆こだわりの品質
◆異物・塊選別済み
◆サラサラふんわり、機械散布も楽々
◆無臭、ご近所にも気遣い無用
<成分表>鹿児島県環境技術協会
  窒素=1.88%
  りん酸=3.05%
  カリウム=3.45%
  炭素窒素比=10
  有機炭素=18.8%
  銅=34mg/kg
  亜鉛=250mg/kg
  水分=34.0%
  ひ素=0.00020%
  カドミウム=0.000039%
  水銀=0.000003%
  ニッケル=0.00088%
  クロム=0.0011%
  鉛=0.00031%

Powered by SHINOBI.JP
プロフィール
HN:
マツケン
性別:
男性
職業:
会社経営
趣味:
ドライブ・プロレス・梯子酒
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新記事
最新コメント
[12/11 佐藤孝行]
[02/10 マツケン]
[02/10 王鶴凌]
[02/10 バクタモン本舗☆店長]
[02/09 マツケン]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
最古記事
過酷人生ゲーム
NEXT CARD
フリーエリア
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

玉ねぎ苗

 

八代、人吉の交渉事も何とかクリアーして、

夕べは宮原の「一本槍」でO本氏と飲み会。

糖尿病の氏はそれでもかにゃりたくさん飲まれて、

ふらふらでお帰り。

マツケンはそれから延々と女将さんと楽しくお喋りしながら

たっぷり飲み食い。こりゃ太るはず

ビジネスホテル宿泊後、今日の帰り道に、

以前画像アップした玉ねぎ畑の苗が、

芽を出していたのでパチリ。

良くそろって発芽してんジャン

堆肥が悪いと、まずここでつまずくんです。

今後が楽しみだね。

 

 

PR

本日も晴天なり

そろそろ雨も欲しいです。秋野菜の植え付けが出来なくて

農家の皆さん、大変です。

そんな中、今日の画像は

e234256f.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ごぼう畑、です。

ここは8月26日のブログ記事にアップした畑の その後の姿。

小さなごぼうの芽が 発芽中です。

ここも「雨が欲しい欲しい」という声が聞こえて来そう。

発芽が不ぞろいになると、収穫量に響きます。

マルチが在って、少しはましだろうけど、

それにしても雨が少ないね。

6月にはあれほど連日降り続けていたのに

最近では記憶にありませんがよ。

あ~、それはマツケンがボケてきただけか。

もう9月も下旬と言うのに、なんだこの暑さは。

連日31~33℃。

夜もじめついて暑いから、クーラーは回りっぱなし。

電気代が心配です。

それよりも心配なのがやはり「温暖化」だよねー。

最近は特に地球規模の変化を感じます。

アフリカでも大洪水だってさ。アフリカって言ったらやっぱりサファリ砂漠や

サバンナのような乾燥地帯をイメージするけど、あんな大雨は記憶にないです。

この先、環境の変化とどう向き合うか、どう対応するか、正念場がきたね。

南国鹿児島と言えど、平年なら夜は涼しい頃です。長袖が欲しい頃です。

それがいまだに半そでTシャツで 汗ぐっしょり!!

こりゃー体力いるぜ。

山本キミサマ

 

マツケンの親戚、〇本おばあちゃんの 家庭菜園に配達。

いろんな野菜、穀物にチャレンジされるこのおばあちゃんは、素敵です。d2af2a4e.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはキビ、吉備団子の原料になる。最近ではあまり見かけないです。

e9821f03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ご存知カライモ(サツマイモ)

日照りで心配してたけど、この2~3日さだっ(夕立)が来て水分たっぷり。

とたんに元気が出てきて、いまじゃご覧のとおり。

念のため掻いときますが、この畑も「夢ゆうき21」中心の減農薬、 減化学肥料。

虫、病気、大丈夫。草は元気。

醗酵温度

 

昨日、その前日の雨でやっと本来の気温となりました。

ほんと残暑が厳しい今年の夏。

さて、本日の画像は温度計。80℃を指しています。

これは弊社の1次醗酵層の温度です。つまりこの温度で原料は醗酵しています。

こんだけ高温だと、病原菌や、雑草の種子、おが屑のリグニンやフェノール類は

よ~く分解されます。急速醗酵分解の為にはこのぐらいの温度が必要なんだけど、

実は一般的にここまで温度を上昇できるところは あんまり無いんです。エッヘン!!

牛糞+鶏糞で85℃は常にあります。

鶏糞単独で最高94℃まで観測しています。

普通 鶏糞って悪臭の塊みたいなのに、弊社では焦げ臭いといったほうがいいぐらいです。

この醗酵温度だと水分蒸発が凄いので、醗酵に適した水分含量65%にする為に

加水が必要になる。で、焼酎粕の出番となります。f51ebbd4.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな風に撒いて行くと最適水分でさらに醗酵分解が進み

最高品質の「夢ゆうき21」が完成とゆうこった。

理屈で分かってもここまで実際に出来るまでが、涙、涙の物語が・・・・

ッと言うほどのもんじゃないです。ええ、そんな大したことじゃないけど

世間ではあんまりないよ。(やっぱり自慢かい!)

忍者ブログ [PR]